横浜日吉おおとう歯科 院長 大藤 竜樹 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

幅広い診療に対応されている大藤先生。インプラント治療は実績も豊富で、他院で断られてしまうような難症例にも対応しています。内装にもこだわり、感染対策含めて様々な配慮が行き届いています。そんな先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

医院紹介はこちら

歯学博士
日本顎咬合学会 認定医
日本顎咬合学会関東甲信越支部 理事
日本臨床歯周療法集談会 理事

先生が歯医者を志したきっかけは?

父親が歯科医師で、その姿を見て格好いいなと思っていたので、自然と歯科医師の道に進みました。

横浜日吉おおとう歯科の特徴を教えてください。

歯科治療では、どうしても口を開けていなければならなかったり、お口に水が溜まってしまったりといったように快適ではないことを伴います。なので、できる限り苦痛の少ない且つやり直しの少ない治療を心がけ、どの歯科医師に見せても恥ずかしくない治療を提供しています。
インプラント治療にも注力しており、これまで一生懸命研鑽を積んで、知識と技術を身に付けてきましたので、通常であれば難しいと言われる症例にも対応が可能です。他院で断られてしまった方もお気軽にご相談いただければと思います。
ただ、インプラントは歯を失ってしまってからの治療なので、インプラント治療をするということはある意味歯科医師は1度負けてしまっているわけです。そこで当院では、歯を残すことに関してもすごく重要視しています。私は大学で歯の保存についても学んでいたので、なるべく歯を削らないダイレクトボンディングやかなり厳しい状態の歯でも残すために最善を尽くします。歯の移植などインプラント以外の選択肢もそちらの方が望ましければご提案させていただくこともあります。インプラント、セラミックにならないための歯を残す治療に力を入れ、できる限りオールマイティに対応できる環境を整えています。
患者さんが快適に過ごしていただけるよう医院の内装にもこだわっています。当院はコロナ禍での開業だったので、待合室はソーシャルディスタンスを意識し、患者様一人ひとりが十分な距離をとれるように配慮しています。院内全体のウィルス・空気感染対策として、世界で1番優れている医療用空気浄化装置も設置しています。治療中に発生する歯の削りかすや細菌などの目に見えない細かい粉塵が飛び散らないように吸引してくれる口腔外バキュームもプライバシーに配慮した完全個室型のユニットすべてに設置するなど、感染予防対策に最大限に配慮したクリニックになっています。
また当院では接遇面にも力を入れており、ユニットにご案内した際は、前にまわって挨拶をするなどいわゆる医療ではない、人と人とのつながりを大切に患者さんに快適に過ごしていただけるように心がけています。

今後の歯科業界についてと展望を教えてください。

技術の進歩はとても早く、トップレベル、最先端の治療はどんどん進んでいくと思っています。最先端の治療に食らいついて勉強を続けて、自分が思う治療を提供する歯科医院と、昔ながらの削って詰める治療を提供する歯科医院の二極化が進んでいくと思います。私は最先端の治療に食らいついて勉強を続けて、自分や自分の家族に提供したい治療を患者さんにも提供していきたいです。
今後に関しては、まだ開業したばかりなので、今年で40歳になるのですが、この若い組織を40代のうちにいかに盛り上げていけるかがこの10年の目標です。ここを盛り上げながら、患者さん、スタッフ、家族を幸せにしてきたいです。

この記事に関連するキーワード
おすすめ

ヘルプ