富士虎ノ門歯科医院 医療法人 藤朋会 歯科医師 大森 裕斗 | 歯医者の選び方 | 歯医者がおすすめする歯科医院

各分野のプロフェッショナルなドクターがそろい、患者さんのお口全体のお悩みをトータルでサポートされている富士虎ノ門歯科医院。本日は日本歯周病学会の専門医、日本口腔インプラント学会の専修医の資格を取得されている大森裕斗先生に医院の特徴や今後についてなどインタビューさせていただいた。

医院紹介はこちら

日本歯周病学会 専門医
日本口腔インプラント学会 専修医

先生が歯科医師を志したきっかけは?

私の母親が歯科医師なので、昔はよく医院まで遊びに行くことがあり、歯医者はとても身近な存在でした。また地元が坂戸・若葉エリアで、近くに明海大学があり、そこには歯学部もあったので、より歯科医師という職業を意識するようになり、自然と歯科医師の道に進みました。

富士虎ノ門歯科医院の特徴を教えてください。

当院は、坂戸駅南口から徒歩1分とアクセスの利便性もよく、年中無休で平日と土曜日は21時まで診療しているので、平日や日中忙しい患者さまにも喜んでいただけています。また、お子さまからご高齢の方まで年代を問わず多くの患者さまに来院いただけており、虫歯治療から予防歯科、インプラント、入れ歯、子どもの検診など幅広く診療を行っています。
私は日本歯周病学会の専門医資格を取得しているので、歯周病治療にも重点を置いています。他の医院で抜歯と言われてしまった患者さまも受け入れて、できる限り歯を残し、ご自身の歯で噛めるように治療することを大事にしています。これまで色々な症例を診てきましたので、診断にも自信があります。また、大学病院勤務時代から歯を支える顎の骨を失ってしまった重度の歯周病の患者さまに対して、多くの歯周組織再生療法の経験を積んでまいりましたので、その豊富な経験と知識も私の強みだと思っています。歯周病は治らないと刷り込まれてしまっている患者さまがたくさんいらっしゃるのですが、重度の歯周病だったとしても、諦める前に一度ご相談いただければと思います。
他にも口腔外科やインプラントの各種専門資格を取得している歯科医師も在籍しており、法人として勉強会を開いたりなど切磋琢磨していますので、幅広く且つ専門性の高い治療を受けていただけます。
当院は予防にも注力しています。虫歯になってしまった歯を削り、詰めたり被せたりする際の詰め物や被せ物はあくまでも人工的なものなので、生涯維持できるという保証はありません。ご自身の歯で噛めることがなにより大切なので、虫歯や歯周病にならないための予防に力を入れています。
患者さまが安心して治療を受けていただけるよう、しっかりとお話をお聞かせいただき、ご納得いただけるまで丁寧にご説明させていただきます。また、専用のツールやアニメーション、口腔内写真などを活用しながら視覚的な情報を与えることも大事にしています。
患者さまとの接し方に関しては、親切な対応はもちろん、否定しないことを心がけています。ハブラシがあまり得意ではない患者さまにブラッシング指導をして、次回来院された際にあまり変わっていなかったとしても、否定はせずむしろ褒めることのできるポイントを探します。モチベーションを上げて、定期的に通っていただくことも重要なので、褒めることは意識していますね。
内装面に関してですが、当院は2022年の1月に外観と内装をリフォームしました。以前から来ていただいている患者さまからも「明るくて清潔感がありますね」と喜んでいただいています。

今後の歯科業界についてと先生の展望を教えてください。

歯科業界における日本の方針として、医療費全体を抑制する狙いから、国民全員が歯科医院で定期検診を受けて、お口の中から全身の健康を目指そうという動きになってきています。当院は以前から各分野のプロフェッショナルなドクターがそろい、患者さまのお口全体のお悩みをトータルでサポートして、全身の健康に寄与してきましたので、国の方針に沿った方向で歯科医療を提供できていることは大変な強みだと思っています。今後はそういったお口の中の健康から全身の健康に寄与していけるような歯科医院がより求められていくのではと思います。
また、お口の中の歯周ポケットの炎症の大きさが糖尿病と相関関係にあり、歯周病と糖尿病はお互いを悪化させてしまう病気です。日本歯周病学会では、そういった情報も前面に押し出していこうと動いています。これからの歯科医師が担う役割というのは、今までの歯科医師のイメージとは異なり、全身の健康に寄与できる職業にシフトしていきますので、そういったことを患者さまにも認知していただけるよう啓蒙していくことも重要だと考えています。

私は日本歯周病学会の専門医資格を取得しましたので、今後に関しては、歯科衛生士の育成と歯科衛生士主体で歯周病治療ができる医院作りをしていきたいと考えています。そして、歯科衛生士さんが育ち、通っていただけている患者さまも治療がメインではなくメインテナンスがメインになるような医院の体制が整えられたらと思っています。

この記事に関連するキーワード
おすすめ

ヘルプ